低金利カードローンの審査

何時でも持っていれば安心のカードローンですが、実際に他のローン例えば自由宅ローンだったり、ショッピングローンだったりと未だ返済が残っている段階で又別のカードローンの申し込みを考えている人、生活していて足りない分をカードで補おうとしているんだと思うのですが、補うどころか月々の返済の負担が掛ってくるだけで、生活自体に潤い等もたらす事はないと思いますよ。

総量規制対象外のカードローンだとしても、返済は大きい枠で借りればそれなりの金額の利息も付いてきますよね。

今もし会社勤務している所で突然の肩たたきだってあり得るし、倒産と言うことだって長い人生の中には有るかも知れない。

こういう時に住宅ローンを支払っている最中だったら、家族は食べさせて行かなければならないし、ローンが払えなければ差し押さえになって、やがては競売になるかもしれないと言う予想も無きにしも非ずですよね。

人生何事もなく生きられたら万々歳でしょう。

アクシデントが有るから人生だと思うんです。

ですからそうなる前に手お打つべきは住宅ローンだと思うんです。

早めに繰り上げて返済するようにすれば、肩の荷の重さが大分楽になるし、カードローン等借りなくても、住宅ローンが早めに返せたんだからという事で、お金の使い方も多分、上手に無駄なく貯金も出来るという方向で進んで行かれると思うんです。

低金利のカードローンを探す前に、住宅ローンを銀行から借りられたと言う事は、確りした年収が有るからだと思うんです。

一度生活を見直してみませんか。

銀行カードローンで会社の事業資金に

会社を運営して行かなければならない時に足らない分の資金繰りを普通は銀行が窓口となって貸してくれるのですが、銀行の方で借りるとなると、さかのぼっての売り上げや現状が把握できる書類関係などの提出と、提出したからって、すぐ何とかしてほしいと言っても審査が有りますからすぐと言う訳には中々いきませんよね。

こういった時に借りやすいのが銀行系カードローンなんですが、すぐに入金の当てが有るのなら、一時しのぎに借り入れするのも良いカモ知れませんが、入金の当てにしていた会社が倒産してしまったとしたら、一時金として借りたつもりが完全に負債となって月々返済となって残った場合、もっと会社が大変な事になる訳ですよね。

自転車操業で何とか運営している業績ならば、そのまま存続は危ぶまれますよね。

私事ですが、個人事業の夫を支えて長年事業をしてきましたが、一番掛るのは人件費。

人数が多ければ給料の他に社会保険に交通費と業績が上がっているときは良いけれど、落ちて来ても人件費関係は待たせる訳にはいきませんよね。

この資金繰りに、私個人で貯めていたお金も一時払いの保険もその都度解約して、気が付けば私個人の老後の蓄えと思っていたものが、全て事業へと流れ、不足部分を補って事業を続けていたが、その事業にピリオド。

男には男の面子みたいなものが有るのかもしれませんが、採算が取れない時点で辞める決断も必要だと思うんです。

社員には迷惑をかけますが、本人がやる気があればゼロから又這い上がれば良いんです。

足りないからって安易にカードローンを借りるのではなく、万が一の時に申し込めばいいんです。

キャッシングの事前確認書類

初めて何かを始める時って、凄くこれでいいのかどうかという事が心配ですよね。事がキャッシングともなると、申し込んだは良いけど、幾ら借りられるのか、借入枠は幾らまで何だろうかとか、不安が有ると思いますが、お手元に事前通知が届くと思うので、その中に記載されていると思うんです。利用可能枠が記載されていれば、その金額まで借り入れ可能と言うお知らせですよね。って言う事は、あなたの審査は目出度く通って、このような枠で借り入れが出来ますよって言うお知らせなんですね。その内容が理解できなければ、申し込んだ会社に連絡すれば教えてくれますよ。会社側としては、こういう内容であなたのキャッシングを申し受けました、という通知なんですね。カードさえ手に入ればもう何時でもどこでもキャッシングしてお買い物が出来ますよ。月々の返済を滞りなく支払っていれば、こんなに便利な物は有りませんよね。カード一枚で借り入れも返済も出来てしまいますから、しかも提携しているコンビニのATM なら手数料も掛らないから負担にならずに何回でも利用出来ますよね。でも借り過ぎには注意してね。意外と借りる前にはあれだけ慎重になっていても、慣れてくるとあっちこっちとキャッシングの申し込みをしてしまいがち。総量規制で年収の3分の1まで借りられるからって、借りたら返すを優先させて、常に完済してから次を借りると言う事が出来ればイザと言う時に頼りにもなりますから、枠には余裕を持たせて借りることをお薦めしたいですね。

お金を借りられるところ

役所から入るべき障害年金が遅れる何て言う事が有るんでしょうか。

その年金で生活している者にとっては、何時いつ入金と言うのが解っているから何時も通りに入るから何とかなるなんて当てにしていると思うのですが、これは役所の問題ですから直接談判に行かなくては他では何ともしてあげられませんよね。

ただ役所、勝手な都合で障害年金を切る事も有ります。

事実私の夫も障害1級だったので、少し早いけれども年金を貰って何とか生計をたてなおそうと役所に行き、手続きを取って貰い始めて1年目に、「病気の近況チェックで、去年と変わりないと言う事は、悪くなっていないと判断し、障害年金は支払い中止となりました」の経った1通のはがきが突然来て、わずか1年で障害年金は終わってしまいました。

役所側の言い分は、去年よりも悪くなっている人対象に出すことにしている。

病院側からも、何とか健康状態は回復はしないが維持をしていると言う事だから、障害年金は出せませんと言う事で、だったら悪化した方が良かったのかっていう、どうにも、どこにぶつけていいか解らない腹立たしさに、悔しさがこみ上げてきましたよ。

幸い家族がいましたから、今日へと繋がって生きては来ていますが、役所はそういう所。

家族も頼る所も無ければ、年金課に何とかしてくれなければ電気もこの寒いのに止められてしまう、死ねと言う事ですか?と、怒鳴り散らしたい気持ちをぐっとこらえて頼みこむしか有りませんね。

帰るに帰れないから何とかしてくれって訴えて見てください。

役所の中には温情の役人もいる筈です。


お金を借りる=悪? お金の貸し借りは本当に友達まで無くしてしまいますよね。例えば中の良い友達と食事に行って、さあ会計と言った時に、「有っ財布を持ってくるのを忘れちゃった」って言われた時に、「良いよ良いよ、今回は俺が出しとくよ」で終わらせる人は要注意。あなたの優しさを見抜かれていると言う事に繋がると思うんです。友達と食事をするという段階で、「悪い今日内に財布を忘れて出勤しちゃったから、今回だけ立て替えておいてくれるかなー明日返すよ」と言って借りる人であれば、一回ごとに区切りが有って、きちっと生産が出来る人だって解釈出来ますよね。でもお金にルーズだったりすると、何とかしてくれる友達がいるから、また借りれば良いやって事に繋がり安いと思うんです。お金の貸し借りに、一回でも貸してすぐ返ってこなかったら、それ以降は絶対貸してはいけません。その時点で上げたお金として、今後一切付き合いは経った方が良いと思いますよ。人から安易にお金を借りる人は、他でも借りている筈、一番借りやすい人からは何回でも言えば貸してくれると言う味を占めていますから、返さないつもりはないけれど、自分の楽しみを優先させてしまっている可能性だってありますよね。「何時も悪いね」は都合のいい言葉。心底返す気持ちなんて更々ない、増してや、他の友達には伏せておいてくれだなんて格好付けるようなら、もう常習犯。残念ながら幾ら貸しても借用書1つ交わしてなければ、突っぱねられればそれで終わり。ちょっと痛すぎる社会勉強をしたと思って2度と、安易にお金は貸さないようにしましょうね。